カテゴリー
火曜

肉便器を調教する

PCMAX
聞いてほしいことがある。いや、別に聞かなくてもいいけど。
性欲と言うものはチンコを何とかすれば満たされるものだと思う。だが、チンコだけでは満たされない性的欲求と言うものは存在する。性欲と安易に結び付けられるものではないが、チンコが勃起する肉体的性欲とは別に精神的性欲というものはある。
僕は女の子とうんこがしたいのだ。
いや、かわいい女の子がいればセックスはしたい。クリ舐めはしたい。おっぱいは揉みたい。肉便器を調教するようにあれこれ施したい。
しかし、そんなチンチンボッキな性欲とは別に、女の子とうんこがしたいのである。
スカトロではない。固形物には一切興味はない。コンタクトレンズのCMをやっているようなどんなにかわいい女の子のうんこでも、うんこはうんこだ。水洗便所で流されるべき存在である。
便器にまたがって「ブー」とやっている女の子の扇情的な姿を見たいわけでもない。生理用品のCMをやっているようなどんなにかわいい女の子でも、それはやっぱり見せるべき行為ではない。
一緒に便器にまたがって「ブー」とやりたいわけでもない。そんなことをしてくれる女の子がいたら、普通にセックスする。
つまり、僕が何を望んでいるかと言うと、同じ時間にうんこをしたいのだ。ああ、今頃、女子トイレでは僕と同じようにあの子がうんこしているという一体感がほしいのだ。
「うんこしたくなってきた」「アタシもよ!」「じゃあ一緒にしようか」「うん!」・・・こう言う自然な会話をしたいのである。
秘匿すべき排泄行為を共有している満足感を味わうことで、その女の子とより精神的につながった密接感が得られるはずだ。うんこすることさえ隠さない、それは既に精神的な肉便器を調教することに他ならない。僕はそんなパートナーが欲しい。
一人くらいは僕の気持ちがわかってくれる女の子がいるはずだ。そこで僕はツーショットチャットサイトで「一緒にうんこしませんか?うんこの時間を共有しましょう!」と口説きまくってみた。
その結果、僕は出禁になった。
セフレの作り方
出会い系でタダマン

カテゴリー
木曜

出会い系依存症

JKと援交する
私は出会い系を利用し始めた時から出会い系依存症です。私の場合、出会い系で新しい人と毎日知り合わないと落ち着きません。毎日、どんな人でもいいから知り合わないと1日を無駄にしたと思ってしまうのです。これを出会い系依存症というのかはわかりませんが、出会い系を見ない日は1日もありませんでした。出会い系依存症になったのは、特別にはまる趣味がなかったからかもしれません。私の中で出会い系の面白さにハマってしまい、気がつけばこんな感じになっていました。自分のコレクションを集める感覚で新しい人と知り合いたくなってしまうのです。それで、一通り、相手の人のことがわかってしまえば落ち着いてまた次の人を探してしまうのです。だから知りあったとしても会うということはほとんどありません。私にとって、出会い系とはゲームのようなものなのです。人それぞれ違うから同じ話でも盛り上がり方が違ったり、喧嘩になったりと面白いなと思います。それが私が出会い系にはまる理由です。私は知りあった人と実際に仲良くなりたいとかは思っていません。知りあったその日だけ、仲良くなれればいいのです。今日知りあったのは、同じ年の男性でした。彼とはお互いの悩みなどを話して意気投合しています。彼は今までにないくらい積極的な人で会いたいと言われ続けています。私は初めから会うつもりはないので断り続けているのですが、今回は会ってみてもいいかなと思っています。不思議です。
電話エッチ
電話エッチ

カテゴリー
水曜

プチ援アプリ

車内フェラ
テレビを作る仕事がしたくてとある番組のADとして働いています。しかし、ロケは過酷で何度も辞めたいと思いました。しかも上の人は厳しい。女性のADには優しいが男には厳しい。
しかし、頑張った分だけ番組に関わった人から面白かった。また見たいという声が聞けるとまたやりがいを感じます。
そんなある日、AD仲間との飲み会で俺のことを色々注意する中村さんがプチ援アプリを利用して女性と楽しんでいるという話を聞きました。中村さんには奥さんがいます。年上で鬼嫁という噂も聞いています。そんな奥さんがいるからプチ援アプリなんてやるとは思わないし、噂だろうと思いました。
ところが、職場に噂の奥さんが鬼のような顔をしてやって来ました。「夫と浮気している女は誰。山田と言う女なんだけどいる。」その言葉に驚きました。山田さんは仕事でミスをしても確かに注意をされたことがない女性スタッフ。まさか、彼女とそういう関係になっているとは思いもよらず、山田さんは隠れて怯えていたので俺は奥さんさんの前に立ち山田さんがバレないようにしてあげました。
その後山田さんから「上司とはお金だけの関係で実際好きとかではないの。それに最近この関係も終わりにしていたのに何故、奥さんに知られたんだろう。もうこの会社で働くの辞めよう。」と、言いました。そんな軽い気持ちでこの業界に働いていたのが少しムカついたけれど、この事件以来俺は仕事でよっぽどのミスがない限りは上から怒られることはなくなりました。
お金あげます掲示板
困った時に助けてくれる人