カテゴリー
水曜

オナニーアプリ

オナ電
 オナニーアプリで知り合ったオナ友と、セフレになれました。
こんな流れが世の中にあるのって、びっくりするばかりです。
しかも、継続した肉体の、お付き合いになりました。

 オナニーアプリは、非モテな出会いのないサラリーマンにとって必要なものでした。
それまでは、ネットで拾った無修正エロ動画ばかりを使っていました。
しかし、エロ動画というのは退屈するもの。
飽きてしまいます。
もっと刺激が欲しい。
強烈な卑猥感を味わいたい。
こんな気持ちを強めていたときのことです。
ネットで知ったのが、オナ電という美味しい関係です。
オナ電希望者の女の子が多いということも判明。
それならと、オナニーアプリに挑戦することにしました。

 実際、アプリの中にはオナニー希望者が沢山いました。
会う必要がないため、安心感を持てるのが女の子、だから希望者が多くて出会いやすいと実感できました。
アプリの中で声をかけていくことで、不満の女の子と簡単に繋がりを持てました。

 有里彩は、21歳の女子大生です。
彼氏と別れたあとの性欲解消が上手くできていなかった女の子でした。
メール交換の1回目から、オナ指示が欲しいって、お願いしてきます。
LINE交換も、かなりあっさりできてしまった印象でした。

 肉食系なのか、性欲が強いのか、頻繁にオナ指示を求めてくれました。
とても従順に感じる女の子に、自分も強い興奮を覚えられました。
1ヶ月の間に、4~5回のオナ電を楽しみ、ついにリアルな関係に持っていくことになりました。

 池袋で待ち合わせしたのですが登場したのは、とても可愛らしい女子大生でした。
どちらかと言うと清楚な印象。
挨拶だけで、ワンクッション入れることもなく、ホテルの中に入れてしまったのです。
最高の気分でした。

 生の女の子ってやっぱり最強です。
オナニーとは全然違う、強烈興奮。
その肉体の温かさや、柔らかさに心が躍りつづけてしまいました。
ハッスルしまくりの、完全無料で2回戦も楽しませてもらえてしまったのです。

 現在セフレとしての、お付き合いを継続。
毎週待ち合わせを楽しめています。
彼女じゃないから、奔放にセックスができて実に楽しめています。
オナ電アプリ
オナニーアプリ

カテゴリー
月曜

家出掲示板

京都市在住20歳女子大生の神待ち体験談
 家出掲示板で、美味しい経験をしたことがあります。
もう、3年以上前の話にはなるのですけど。
偶然、助けて欲しい女の子と知り合うことに成功しました。
あの頃は結婚前で、一人暮らしをしていたため、こんな遊びも可能でした。

 当時、家出掲示板で知り合ったのが、19歳の女子大生でした。
親が口うるさくて、よく喧嘩をしてしまっていたのだそうです。
いたたまれない気持ちから、家を飛び出してしまったそうです。
2日もすれば所持金もきつくなる。
友達たちのところにも、なかなか行けないパターンまで出てくる。
そこで、家出掲示板に投稿をしたと言っていました。

 困っている所為なのか、かなり簡単に待ち合わせに成功してしまいました。
メール交換をしてから、1時間後にはファミレスで一緒に食事をしてしまったのですから。
こんな展開が経験できたのも、家出掲示板ならではなのかもしれませんね。

 19歳の女子大生、花音ちゃんは、そこそこ見た目も可愛らしい。
スレンダーボディではあるけれど、Dカップの乳房の膨らみでした。
当時彼女がいなかった自分、そりゃもう、かなりムラムラした気分。
「宿泊するかい?」
「お願いしていい?」
「おちろんだよ、おいで」
「うん」
こんな会話から、自宅に連れ込むことに成功しました。

 彼女がいなかったために、本当に楽しい時間でした。
一緒にお笑い番組を見たりして、またゲームなんかもやったりして。
眠る前に、肉体交渉を作ることにも成功。
花音ちゃん、3日ほど宿泊してくれました。
この3日間は、天国のようなセックスライフ。
休日を挟んでいたため、思いっきりセックスをやりまくることにも成功したものです。

 今となっては、あの時の思い出はとても大切だったりします。
かなり楽しませてもらえましたから。
割り切り掲示板
援デリ

カテゴリー
火曜

プチ援

車内フェラ
一時期、プチ援の子と同居してたことある。
家出したけど、行くところがないって泣きつかれて、それで「一週間くらいなら」ってことで、同居してたことある。
プチ援の子だから、体の関係はなかったんだ。
ただ食事したり、一緒にライブ行ったり、デートするだけ。
それで、謝礼として一万くらい包む、そんな感じだったかな。
こっちも独身で、仕事も不規則で、なかなか彼女できない立場だから、都合のいい時だけってことで利用させてもらってた。
だから、相手のこと、実はあんまり知らなくて。
仕事してるのかどうかも知らなかったし、プチ援してる理由なんかも聞いたことなかったし。プライベートのことなんてなおさら知らないわけ。
同居して初めて、彼女が実家暮らしだったこととか、フリーランスで仕事してることとか聞いた。
プチ援してたのは「フリーランスで実家だから、下手したらどこにも出かけなくなっちゃうから気分転換」のつもりだったらしいよ。
1人じゃ外に出る気にならないけど、約束があれば外に行くきっかけができるしって。
あー、そういうプチ援の仕方もあるのかーって納得しちゃった。
自分も似たような感じかもな~。
「家で仕事してるから、親とケンカすると逃げ場がなくて困る」って。
だけど、まだ二十歳そこそこでフリーランスってすごいよな、
クリエイター系みたいだけど。
実家暮らしなのは、最初は収入が安定してなかったからみたいだけど、最近は収入も安定してきて、普通に家借りれるくらいの貯金も収入もあるみたい。
一週間の間に不動産や巡りして、結構あっさり出て行った。
お金ください掲示板
お金ください掲示板