カテゴリー
水曜

オナニーアプリ

オナ電
 オナニーアプリで知り合ったオナ友と、セフレになれました。
こんな流れが世の中にあるのって、びっくりするばかりです。
しかも、継続した肉体の、お付き合いになりました。

 オナニーアプリは、非モテな出会いのないサラリーマンにとって必要なものでした。
それまでは、ネットで拾った無修正エロ動画ばかりを使っていました。
しかし、エロ動画というのは退屈するもの。
飽きてしまいます。
もっと刺激が欲しい。
強烈な卑猥感を味わいたい。
こんな気持ちを強めていたときのことです。
ネットで知ったのが、オナ電という美味しい関係です。
オナ電希望者の女の子が多いということも判明。
それならと、オナニーアプリに挑戦することにしました。

 実際、アプリの中にはオナニー希望者が沢山いました。
会う必要がないため、安心感を持てるのが女の子、だから希望者が多くて出会いやすいと実感できました。
アプリの中で声をかけていくことで、不満の女の子と簡単に繋がりを持てました。

 有里彩は、21歳の女子大生です。
彼氏と別れたあとの性欲解消が上手くできていなかった女の子でした。
メール交換の1回目から、オナ指示が欲しいって、お願いしてきます。
LINE交換も、かなりあっさりできてしまった印象でした。

 肉食系なのか、性欲が強いのか、頻繁にオナ指示を求めてくれました。
とても従順に感じる女の子に、自分も強い興奮を覚えられました。
1ヶ月の間に、4~5回のオナ電を楽しみ、ついにリアルな関係に持っていくことになりました。

 池袋で待ち合わせしたのですが登場したのは、とても可愛らしい女子大生でした。
どちらかと言うと清楚な印象。
挨拶だけで、ワンクッション入れることもなく、ホテルの中に入れてしまったのです。
最高の気分でした。

 生の女の子ってやっぱり最強です。
オナニーとは全然違う、強烈興奮。
その肉体の温かさや、柔らかさに心が躍りつづけてしまいました。
ハッスルしまくりの、完全無料で2回戦も楽しませてもらえてしまったのです。

 現在セフレとしての、お付き合いを継続。
毎週待ち合わせを楽しめています。
彼女じゃないから、奔放にセックスができて実に楽しめています。
オナ電アプリ
オナニーアプリ

カテゴリー
水曜

プチ援アプリ

車内フェラ
テレビを作る仕事がしたくてとある番組のADとして働いています。しかし、ロケは過酷で何度も辞めたいと思いました。しかも上の人は厳しい。女性のADには優しいが男には厳しい。
しかし、頑張った分だけ番組に関わった人から面白かった。また見たいという声が聞けるとまたやりがいを感じます。
そんなある日、AD仲間との飲み会で俺のことを色々注意する中村さんがプチ援アプリを利用して女性と楽しんでいるという話を聞きました。中村さんには奥さんがいます。年上で鬼嫁という噂も聞いています。そんな奥さんがいるからプチ援アプリなんてやるとは思わないし、噂だろうと思いました。
ところが、職場に噂の奥さんが鬼のような顔をしてやって来ました。「夫と浮気している女は誰。山田と言う女なんだけどいる。」その言葉に驚きました。山田さんは仕事でミスをしても確かに注意をされたことがない女性スタッフ。まさか、彼女とそういう関係になっているとは思いもよらず、山田さんは隠れて怯えていたので俺は奥さんさんの前に立ち山田さんがバレないようにしてあげました。
その後山田さんから「上司とはお金だけの関係で実際好きとかではないの。それに最近この関係も終わりにしていたのに何故、奥さんに知られたんだろう。もうこの会社で働くの辞めよう。」と、言いました。そんな軽い気持ちでこの業界に働いていたのが少しムカついたけれど、この事件以来俺は仕事でよっぽどのミスがない限りは上から怒られることはなくなりました。
お金あげます掲示板
困った時に助けてくれる人